モンク活用法

コンテンツ攻略
スポンサーリンク

スポンサーリンク

モンク

若干今更ですが、モンクのJMPが実装されたので、有効活用するための編成について検討しました。

性能

ダメアビを打ち武芸Lvを上げ、「武芸百般」で高いターンダメージをたたき出していくジョブです。

武芸Lvが上昇すると発動確率・ダメージ性能・本体性能が上昇し、Lv10に達すると確定で毎T武芸百般が発動します。

「武芸百般」のダメージは倍率2.0倍x4回(上限18万/total72万)となります。

「武芸百般」による性能上昇は、Lv10の時点で

・ダメージ上限10%up

・アビダメ上限20%up

・アビダメ倍率1.0倍加算

・攻刃100%up

・発動率100%

となります。攻刃100%は神石運用だと効率は下がりますが、それでも火力はそれなりに上昇します。

一方で瀕死になると武芸Lvが-5となるので背水運用には注意が必要です。

基本的にはダメージディーラーのジョブとなります。

自動発動アビの高速リロードで高いDPSを発揮することができます。

フルオートでもターンダメージは非常に高いです。

JMP

もう一個杖のJMPがありますが、あまり強くなさそうです。

デバフ役も担えるようになりますが、一枠攻刃無し武器にする火力低下のデメリットを補うほどのメリットでもありませんし、デバフは他のキャラでも代用できます。

性能

奥義に自属性追撃(倍率2.0倍 上限13万*4回/total52万)がついてます。

そして武芸百般の攻撃回数が4→6へupします。

この時点で、「あっ(察し)」てなもんですが、上限上げて与ダメ盛ったらこんな感じになります。

①奥義

②奥義追撃

③武芸百般

武芸百般は毎ターン発動します。

リロードするなら硬直0です。

上記編成は普通にカイムハイランダーで到達可能です。

ダメージUPする方法一覧

ダメージ上限up

装備・石

キャラ

勝手に発動してくれるもの以外はそこまで重要ではありません。

全体上限UPはRCや条件に誓約が大きいものがほとんどです。

アビリティダメージ上限UP

武器

終末~Ω~アストラル系の上限50%upが強烈です。モンク運用するなら必須です。

キャラ

刻印系は上昇手段があれば非常に優秀です。

おまけ

ここら辺はモンク自動発動ダメアビで攻火力を出す運用とコンセプトがややずれています。

与ダメージ上昇

多段発動ダメアビの特徴として与ダメージ上昇との好相性があります。

一発一発に乗るため非常に大きくダメージが上昇します。

一部競合する枠があり、効果の高いものしか発動しないものがありますので、うまく組み合わせる必要があります。

会心枠

サポアビでの与ダメ上昇やイヤリングでの与ダメージ上昇効果もこの枠に含まれますが、モンク本体には関係がないので省いています。

刻印枠

特殊条件枠

敵へのデバフ・味方への累積などを起点とした与ダメージ上昇です。

デバフ枠

石・装備枠

ベリアル欲しいいいいいいいいいいいいいいい。

「ベリアル格差ブルーファンタジーを許さない」

風のこの新武器もやばいです。加算10万(天司乗って13.3万加算x回 なぜ?w)

まとめ

上限・アビダメ上限を盛りやすい「土」

各種与ダメージ上昇が凶悪な「風」

それなりにそろっている「水」

ここら辺が筆頭でしょうか。

光も悪くはありません。

火・闇はちょっとパーツが足りませんかね。

上限上げて与ダメ盛ったらこんな感じです。

普通のカイムハイランダーで無理のない編成でもこの程度まで伸ばせます。

①奥義

②奥義追撃

③武芸百般

コメント

タイトルとURLをコピーしました