光マグナと神石移行

グラブル
スポンサーリンク

マグナII武器に新しい武器が追加されました。

全体的には、まぁ~あんまりぱっとしません…かね?

マグナIIが実装された時ほどの衝撃はありません。

光マグナは渾身+技巧が実装されたため、両面編成も選択肢となりました。

が!よ~く見ると渾身(中)ですよね…。ん~~~どうなんでしょうね。

ということで、想定される編成の火力を計算してみました。

前提条件は天司1.33倍

スポンサーリンク

マグナ

シュバ剣

(↓with参照)

炎の柱(渾身技巧)

(↓with参照)

感想

所謂メイン”コロゥ武器”だと余分な上乗せが生じるので、メイン天司武器にしています。

進境にすると最大火力は高くなりますが、開幕火力が低下します。

いずれにしても火力が100万以上伸びて500万程度まで届きます。

連続攻撃・上限を上げることが難しく、シュバ剣1枠→Ω武器(得意武器染め)も考慮が必要です。

片面編成

片面黒麒麟想定のマルチが増えているので。

シュバ剣

技巧編成

技巧発動は96%となりますが、発動100%にするために技巧1枠増やすのと逆に火力が低下します。

短期想定なので終末はM渾身となります。

コスモスを入れることは可能ですが、火力自体は下がります。

対神石

片面(黒麒麟)での比較

エデン2本ゼウスと大体同程度の火力を出すことが可能です。

両面との比較

画像はトグルの中。

エデン軸

片面・両面、共にエデン②と大体同程度のスペックになります。

ただし、拡張性は圧倒的に神石編成のほうが高いです。シュバ剣4枠くらい入れ替える余裕があります。

一方のマグナでは火力を確保する枠でほぼすべて埋まります。

アーク軸

両面編成ではアーク1本+ドロップ武器編成だけでも500万近く出るので、アーク一本ゼウスマンと同程度です。

一方、片面技巧確定には程遠いため、短期コンテンツとの相性が最悪です。

 エデン⓪ そのまま石を変えただけ

エデン①

エデン②

エデン③

エデン①+アーク①

アーク①

リミ武器無し

ってかこんな編成でも400万超えるんですね。

編成武器候補

こちらへ(別ページ)

編成キャラ候補

キャラパワーは若干不足しています。

連続攻撃を常時サポートしてくれるキャラに乏しく、4属性が持つような高倍率・高持続・低維持コストの通常枠バフ持ちがいないため、火力の伸びが神石と大差ないのが、マグナ編成としての弱点です。

剣得意キャラに自己火力バフ+自己連撃バフ+自己追撃バフ持ちが多いので、雑な殴り能力はそれなりに確保可能です。

短期火力としてはハレゼナの10万与ダメアップを絡めたレスラーやポチポチイオ砲が強いです。

壊れ

結構強い

まぁ強い

古戦場対策(未)

終末

技巧渾身編成では渾身枠が多くなり、方陣攻刃が足りないという致命的な弱点があります。

方陣渾身枠が多いから~という理由で通常枠終末を装備しても、方陣攻刃不足の影響が非常に大きいため火力は下がります。

普通にM終末作成が安定です。

第二スキルはお好みですが、ロンゴミがアビ上限なので通常上限上昇が安定です。

第三スキルは渾身もしくは進境となりますが、一長一短です。

渾身は開幕火力に優れますが、最高火力は進境に劣ります。また被ダメによる火力低下が大きくなります。

進境は最高火力に優れますが、開幕火力が非常に低下します。枠分散効果で被ダメによる火力低下は緩和されます。

攻刃枠が足りない為、方陣終末進境・通常終末渾身とできませんので、択一 もしくはコンテンツ毎に付け替えとなります。

無難なのは渾身だと思います。

まとめ

リミ武器2本までのゼウスとならそれなりに殴りあうことが可能となりました。

両面編成=エデン2ゼウス

エデン1アーク1ゼウス>両面編成=アーク1ゼウス

エデン2ゼウス>片面技巧確定>エデン1ゼウス

大体こんな感じです。

方陣渾身(大)だったら…と思いましたけど、それだと普通に火力とんでもないことになってたので、意外とちゃんと計算した上でのスキル実装だったようです。(失礼)

コメント

タイトルとURLをコピーしました